倉敷果物の搾りたて日記ではありません


by hcuppatea
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:カニ目( 23 )

6年目のカニ目車検へ

過去2回ともユーザー車検をして来たのだが、
今回は各部所ともしっかり見てもらおうと整備に出すついでに
小山自動車さんに車検もお願いした。
これはアルファチャレンジカップ優勝車
e0005341_17335777.jpg

その奥にはロメオモントリオール
e0005341_17341713.jpg

また大阪から155が。。
e0005341_1734292.jpg

小山自動車を出て福山蔵王町のHAYDEN FACTORYへ
ここはカニ目のいろいろな相談に乗って下さる
バックヤードビルダーを意識して工場にした感じの
ところである。
レアな英国バックヤードビルダー製作の
DIVA(女神という意味だったと思う)や、
カニ目のspeedwell仕様をお持ちである。
今日はまた、小さいバックヤードビルダーの
ロッジデールがあった(写真)
e0005341_17345286.jpg

タイヤが細い。ラダーフレームの上に
FRPボディである。3速だそうだ。
e0005341_17594927.jpg

室内にはトラカブ(トライアンフタイガーカブ)や
e0005341_187149.jpg

お宝がたくさんある。くつろげるお気に入りの
店である。
e0005341_17472715.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2006-02-04 18:01 | カニ目
 毎月の恒例行事であるおはよう鷲羽山に参加した。
8時過ぎに行くともうすでに何台か集まっている。
すごい。このイベントは本当に楽しい。
義務感なし。束縛なし。いたいだけいて、
帰りたい時に帰る。クラブじゃないので
出入り自由。のんびりまったりの好き者が集まる
ミーティングである。
 今日はモンキーで参加されている「レッツさん」
この方はミニのカブリオレ(現代ミニではなく)も
お持ちだそうである。
e0005341_18251192.jpg

 swiftも5、6台は集まっていたし、英国車
イタリア車もいつもどうり、メンバーの入れ替わりは
あるもののたくさん集まっていた。
e0005341_18275793.jpg

この2台もカラーリングが面白い。
e0005341_18284464.jpg

上の広場ではランチアストラトスが!
e0005341_18275981.jpg

このオ−ナーは赤白ヨーロッパのmちゃんである。
この親亀の上に子亀の白いヨーロッパはOカダさんである。
e0005341_18303568.jpg

 いつものようにのんびりといろんな話をして、昼になったので
喫茶店ワーゲンで昼食をとり、解散となりました。
今日も楽しいおは鷲でした。
e0005341_18341434.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-10-16 18:33 | カニ目
 今日はおは鷲だった。昨日の時点では仕事で忙しく
毎日帰りが遅く疲れていたので、mちゃんのtodayで
参加することにしていた。が、なんとmちゃんは朝6時から
ラジコンのエンジンカーをシェイクダウンしに行き、1.5L
の燃料を使い果たしたので、ラジコン屋が開く10時
くらいまでは出発できないということで、カニ目で
スタートした。朝は涼しく、久しぶりに気持ちが
晴れ晴れとしたドライブとなった。
 行ってみるともうたくさんいつもの顔ぶれが集まっていた。
上の駐車場ではラジコンで、下の駐車場はほのぼの
のんびりである。プジョ−306のあきちんさんが45年前の
カメラを持ってきていたのでそれでとったアルバムを
見せていただいたが、古いカメラも車と一緒で
現役でまだ活躍できるというのが味わい深かったです。
 帰りはFIAT X1/9のKさんと鷲スカを通って
下山しましたが緑の中に赤い車体がとても綺麗でした。
e0005341_22105229.jpg



e0005341_22111529.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-09-25 22:13 | カニ目

カーカバー補修

 オープンカーの保管にはガレージが1番なことはわかっているのだが、
うちにはカーポートはあってもガレージはない。しかもカニ目も2CVも
どちらもカーポートからははみ出している。カニ目にはカバーを
掛けてやっているのでガレージライフというよりは、カーポートライフ、
いや、カーカバーライフである。
 さて、カーカバーであるが、できるだけ呼吸をする素材がいいのも
理解できるが、国産では有名なところ(アル○ディアさんなど)で
買えば、15万くらいはする。なのでいろいろ探したところ、
Griot's GarageのNoah Car Cover for all weather protection
は良さそうであった。もちろんアメリカからの輸入にはなるのだが、
送料込みで、2万円後半だった。(t−7くんのスーパー7用と一緒に
注文したため送料を折半)年式とモデルを伝えれば、メーカーに
型紙があり、どんな車でもジャストフィットのカバーを作れるので
ある。生地も呼吸する素材なので、中の湿気をすぐに外に出して
くれるすぐれものである。ここは以前に、友人のジュリエッタ
スパイダーや、MG−TDのカバーを注文して現物を見ていたので、
物に関しては安心していた。
 これを使って4年半になるが、大変気に入っている。が、台風やら、
強風やらで、テールライトやリヤのナンバーがあたるところが
こすれてうすくなり、裂けてきた。
で、家庭用ミシンをつかって、当て布をし、3カ所を補強した。
 今日久しぶりにGriot's Garageのサイトをみたら、日本からの
注文はできなくなったらしいとのことであった。(超ショック!)
アメリカに知り合いでも作って注文してもらい、その後送って
もらうしかないではないか。そんなお友達がアメリカにおられたら
教えて下さい。
e0005341_1393138.jpg



e0005341_1394738.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-08-27 13:11 | カニ目
 トノカバーって何?と思われる車好きの方もおられるかもしれないが、
ちょっと古い英国幌車に興味をお持ちの方にはすぐに「ピ〜〜ン」と
来る代物ではある。トノウカバーと言ったりもする人もいる。
写真のように全閉にするとちょっと駐車する時にもタバコの吸い殻
を投げいれられなので安心だし、少しの雨ならこのまま放って
おいても室内までは水が入らない。走る時には(主に冬か秋だが)
運転席だけ開けて足もとからヒーターを効かせて走る。そう、
走るこたつである。
 そんなトノカバーがヨゴレに汚れていたので、中性洗剤で
水洗いしてから、例のオーリスーパーゴールドについていた
オーリ社のビニール保護液(用は、アーマーオールみたいな
ものである)を塗った。写真のギラついているところが
塗ったばかりのところである。しばらく浸透させて拭き取る。
 結局トノカバーはきれいになったが、同じカバーでも
カーカバーがくたびれてきて、テールランプがあたるところが
薄くなって破けてきていた。また補修だ。。
e0005341_20512529.jpg



e0005341_20511183.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-08-22 20:54 | カニ目

おはよ〜鷲羽山

 ここ最近蒸し暑く、全くカニ目を動かしていなかったので
1日の中で唯一気持ちのよい時間帯の早朝、鷲スカをドライブである。
朝5時に起き、カバーをはぐるとドロ汚れがついていた。
何回かの激しい夕立で、縫い目からしみ込んだ雨が、カバーの
内側に付着していたホコリや土をボディにつけたのだった。
カバーの中も洗ってやらないといけないが、そんな時間はないので、
エンジンをかけ、うるさいので、暖気もそこそこに家を出る。
朝もやはり少し蒸し暑い。しかし、鷲スカは走っている自動車も
おらず、気持ちがいい。久しぶりに乗るとまたいつもと同じ
ほのぼのとしたエンジン音、巻き込み風がやってくる。
遥照山と違って、きつい曲率のカーブが少なく、アンダーパワーと
ワイドギヤレシオなカニ目でも惰性を使ってスピードを落とすことなく
登坂できるのでまだ楽しめる。下りはアンダーパワーでもクイックな
ハンドリングと、軽量性を生かして十分楽しめる。
 展望台に着いて、コーヒーを飲んでいるとmちゃんが赤白で到着。
いつ見ても迫力がある登場ぶりだ。赤白は鷲スカでは温度が
かなり上がるそうである。(100℃近くまで)mちゃんは風邪を
ひいているのに大丈夫だったのだろうか。ヤバい汗が出ていた
ようだったが。。。帰りは下を通って帰ったが、通勤の車と一緒で
かなり煽られた。赤白は減速の時に激しいアフターファイヤーで、
後ろを走っていると、火花とともに激しい「バツ〜〜ン」
という音が。一瞬狙撃でもされたかと思ったくらいである。
火花を撮ろうと試みたが、無理であった。
同乗している時にはさほど聞こえなかったが、後ろを走っていると
すごい迫力である。激しく速そうに見える。途中で、おいて行かれ
てしまったがとてもかっこ良い去り際であった。
e0005341_14382647.jpg



e0005341_1438191.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-08-12 14:40 | カニ目

mちゃんと朝ドライブ

 昨日の夜にm氏とドライブしようということになり、
朝4:30に起きて、m氏の家に集合。
遥照山から、矢掛を抜けて玉島に帰ってくる1時間のコースである。
今日は雨の予報であったが、なんとかもっている。
風は生暖かく、ねっとりとした感じで気持ちはよくない。
赤白でドライブした後に、カニ目で遥照山に登るが、2名乗車では
坂がきつくなかなか上がらない。山を下り、玉島E地区で
黒スペシャルの走っている時のムービーをデジカメで撮影した。
家に帰りかけたところで雨が強く降り出してきた。間一髪であった。
写真は出発しようとしている赤白と、もう1枚は赤白のお尻と
mちゃんのおしりの2shotである。
e0005341_9493716.jpg



e0005341_951020.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-07-31 09:53 | カニ目

朝から洗車&ワックス

 今日は朝早く起きて鷲スカを走るつもりであったが、
昨日の夜アメリカドラマの「24」を見ていて夜更かししてしまい、
起きられなかった。 で、この間の渇水になりかけの後に降った
大雨の時にドロドロになっていたカニ目に洗車&ワックスした。
カーカバーはかけているものの激しい雨と風が吹けば普段
カバーの下に入っているホコリが茶色いドロ汚れとなり、
ボディについていたのである。
しかも水垢になっていて、洗っただけではとれなかったので、
ワックスをかけるつもりはなかったが、フロントフードの上部と
リヤの上部だけ(前後フェンダーと両サイド部分は水洗いだけ)
ワックスをかけた。
 皆さんはワックスは何を使っておられるのだろうか?
私はシュアラスターを使っていたが、トライアンフのスピット
ファイヤーMk3に乗っている友達からオーリスーパーゴールドを
2本激安で譲ってもらって以来これを使っている。つけて
こすってから拭きするだけ。タバコの吸い殻をおいても大丈夫。
トーチであぶっても大丈夫。の「次世代スーパーワックス」と
深夜の通販でやってる頼りになりそうな(笑)なものである。
友人は自分の親父の32スカイラインの後ろボンネットで
トーチあぶり攻撃を試してみたが、結果はオヤジは超激怒
&次世代ワックスではなく普通のワックスという結論だった。
しかし、小傷も消えるしお手軽にきれいになることは
確かであるのでこれを使っている。
しかも使っても年数回なのであまり気にしていない。
気になればほとんど水洗いである。水洗いの時に重宝して
いるのが写真の水洗い用ミトンハーラ社のミトンである。
3種類(ざっと洗う用、ホコリ程度用、仕上げ用)あるが、
私はいつもざっと洗い用しか使わない。
頻繁に洗剤で洗わないヒストリックカーにはボディにとても
やさしく、塗装面をホコリやゴミで傷つけない工夫がして
あるらしい。バケツ1杯もあれば十分に洗車できるのである。
通販生活で買ったものであるが、これはMade in Germany
でM社やB社も納車の時に使っているらしい。
何はともあれ気になっていたボディがきれいになって車も
心もすっきり。長文読んでいただいた方、
ありがとうございました。
e0005341_1743926.jpg


e0005341_1752676.jpg
[PR]
by hcuppatea | 2005-07-30 17:11 | カニ目

梅雨は明けたのかな?

今日本当に久しぶりに(3週間ぶり)にカニ目を動かした。
ガソリンスタンドまで山を越えて行ったのだ。
ここんとこ週末になると雨で全然乗ってやれなかった。
久しぶりに乗るとやっぱり気持ちいい。
し、しか〜し!GSでボンネットを開けてみると
昨年変えたナックルジョイントがサビサビではないか。
恐るべし「日本の夏、カニ目のサビ。」
e0005341_2032819.jpg

e0005341_2044791.jpg
[PR]
by hcuppatea | 2005-07-15 20:02 | カニ目
 昨日の日曜日岡山を朝5:15に出発し、Toshさん、ryosukeくんと
TDM(ツールド箕面)に向かいました。TDMはおは鷲のような集まりで
第2日曜に妙見山山頂に車好きが集まるというイベントです。
 予報は雨でしたが、曇り。妙見山に近づくとだんだん霧が出てきました。
曲率の強いワインディングを登って山頂に行くともうすでに
たくさんの車が集まっていました。しばらくすると続々と
車が集まってきました。晴れたらもっと集まるそうですが、
それにしてもさすが大阪です。量と質は大したものです。
なかでも美しいロメオ1900スプリントをご覧ください。e0005341_1814359.jpg
[PR]
by hcuppatea | 2005-07-11 18:02 | カニ目