倉敷果物の搾りたて日記ではありません


by hcuppatea
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2CV群馬に到着

e0005341_058765.jpg

1週間かかって無事到着したと連絡があり、
写真も送られてきました。
送り先のOHを依頼した方が、私の2CVを
以前所有しておられた方なのです。
その方によると
ボディ剛性は当時と変わっていなくて
ミッションも良好。使いやすいはずの3速が
エンジンの調子が悪いため、伸びないとのこと。
また、報告があり次第レポートすることにします。
[PR]
by hcuppatea | 2005-12-28 00:58 | 2CV

2CVオーバーホールへ

e0005341_9193429.jpg

うちにきて8年目、'83年式、走行距離おそらく20万7000キロ(だと思う)
私が乗り出して、約5万キロ走っているが、
うちにきた時より、エンジンの回り、しなやかな脚、ブレーキの効き
が満足いく物ではなくなってきた。
2CVの大きな魅力とも言えるその3点が良くないというのは、
2CVを毎日の脚にしている私にとって
かなりテンションが下がっていた。
そこで、「手放して、他の車を買う」という選択肢も含め
家族で考えてみることになった。結論はOHということになるのだが、
あれこれ考えたり、いろんな人に相談することで
自分と2CVの関係を考えてみる良い機会となった。
買い替えるとすれば小型がいい。
代わりに欲しいと思える車は2台だけであった。
1台はFIATパンダである。50万くらいで買えて小さいし、
一度は脚にして、どんな物か所有してみたかったからだ。
もう一台は現代車であるが、ルノーメガーヌ1.6MTだ。
MTというのがいいし、形も好きなのだ。
カーセンサーで探してみると、MTはタマがなく唯一
新古車でルノー静岡にあった196万だった。
嫁さんは「チョコチョコこわれる車より、メガーヌを!」
と言っており、これで決定かと思われたが、
とりあえずいつも部品でお世話になっている
モンテカルロさんに相談するとエンジン、ブレーキ
サスペンションOHでも結構安い。これなら
シートもやり直せるかも。というお値段である。
プラス、陸送代が群馬まで往復70000円である。
悩みに悩んで、2CVをOHすることにした。
嫁さんには「これでダメだったら2CV界から脚を洗うわ〜」
と言ったが、我ながら、訳の分からないセリフだな。と思った。
12月20日に陸送ゼロ(元日産陸送)玉野の中継基地まで
友人のはっしーについてきてもらい、預けて帰った。
さてどうなることやら。。。。である。
[PR]
by hcuppatea | 2005-12-25 09:50 | 2CV

鹿児島出張

 12月16(金)は、鹿児島に出張だったので、前々から
気になっていた知覧の特攻平和会館を訪れた。
鹿児島市内から、路線バスで1時間20分もかかったが、
非常に多くの人が来ていてびっくりした。
良いとは聞いていたが、予想以上に心を打たれた。
e0005341_22465222.jpg

ここには、大東亜戦争末期に散っていた1300人の若者の
写真や、遺書、遺品その他関係品が展示されていた。
じっくり遺書を読んでいると、心をゆさぶられる。
 ここは、じっくり一人で回るに限る。
人と話をしながらなんかではだめである。ゆっくり
自分と対話する必要があると感じた。
 他には陸軍3式戦闘機「飛燕」があった。この戦闘機は
空冷の戦闘機が多い中、珍しく液冷なので先っぽが尖っている。
エンジンはダイムラーメルセデスの12気筒を日本で作り直した物らしい。
e0005341_22513784.jpg

 陸軍4式戦闘機「疾風はやて」もあった。
屋久島沖でトラブルで不時着した零戦も
あったが、なにしろ、30年経ってから引き上げられたので、
虫食い状態で、不時着の衝撃で、後ろ半分は無い。
運動性能がよく、輝かしい戦果を挙げた本物の
零戦はぼろぼろであったが、本物の持つすごさを
感じることができた。中は写真撮影禁止なので、
外から撮った写真である。
零戦の横から
e0005341_22563714.jpg

後ろ側から
e0005341_2257350.jpg

 中国、韓国政府を気にして、政治家の中には
無宗教の慰霊施設を作ると言っているが、
そんな人はここに来てみると良いと思う。
国を思い、家族を思い、恋人を思って散っていった
若者たちは「靖国で会いましょう」と遺書に書き残し
死んだのだ。無宗教の慰霊施設には
隊員たちの御霊はないことがわかる。
魂の無いところには遺族も行かない。
きっと寂しい場所になってしまうだろう。
「離陸した特攻機は上昇し、急降下しその後、翼を2、3回振り
見送る人に別れをつげ、去っていった。」
情景が心の中に浮かんだ。英霊よ。永遠なれ。である。
[PR]
by hcuppatea | 2005-12-18 23:10