倉敷果物の搾りたて日記ではありません


by hcuppatea
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ツーシー仲間が遊びに来た

 尾道のバイク屋さんことF師のヨーロッパS2の以前の持ち主E氏が
遊びに来た。なんと白の2CVスペシアルである。
幌もバタンコではなく、初期の幌なので半開するにはくるくる
巻かないとダメなめんどくさいやつであるが、変わり者の私には
グッとくる一品である。おまけに後ろの開き方はCピラーのあたりから
がばっと開くハッチバックモデルである。
これは大きい荷物を載せるのには大変役立つ代物である。
ただし、幌は痛みやすいという欠点はあるのだが、実用性は
すばらしい。色も白で、いろんな幌の色を楽しめそうである。
私の幌はオリジナルのビニールをあきらめ、福山幌製作所という
ところで布製で作ってもらったものである。
 さてこの白スペシアルであるが、89年モデルなので、最後期
のモデルといっていいだろう。(90年が最終)
私のツーシーは83年式で、20万5千キロ走っているので、
乗り心地もやや固めになっているが、多分アルデンテの乗り心地
なのだろうと思う。(うちのはやや早茹で)
 本人は大変気に入っているようなのでツーシー仲間がまた一人
増え、うれしい限りである。
e0005341_1761444.jpg



e0005341_1771130.jpg

[PR]
by hcuppatea | 2005-08-15 17:07 | 2CV